「リーダーシップ」研修

日本一のマグロ船船長に学ぶ!
マネジメントとリーダーシップの極意

 

【 概要 】

 

『マグロ船』。

 

この言葉にはどんなイメージがありますか?

 

「借金のカタに送られる」

「行くアテがなくなったら、最後の手段で就く仕事」

 

人によっては、そんな暗いイメージがあるかもしれません。

 

しかし、マグロ船によっては、一般的な会社よりもはるかにチームワーク良く働き、

また、ひとりひとりが非常に活き活きとして働いています。

 

 

なぜならマグロ船は、病院もコンビニもない太平洋上で、
40日以上も毎日同じ人と顔を合わせないといけません。

 

極端な言い方ですが、「この人はイマイチだから、新しい人を雇おう」
ということができない職場環境なのです。

 

特に船長は、こうした厳しい環境のなかだからこそ、 

 

 「制限がたくさんあるなかでどうマグロを捕るか?」

 

 「不便なうえに狭く、ギスギスしやすい環境だからこそ、
  どうやったらみんなが笑顔で働けるか?」

 

を、一般企業よりもはるかに真剣に考えざるを得ない職場なのです。

 

そうしたマグロ船の中でも日本に500隻ある19〜70トン級の船で、
日本一の売上を誇ったマグロ船の船長から教わった、
『リーダーシップのとりかた』を習得していくのが
このセミナーです。

 

 

【 期待できる効果 】

 

1.部下にやる気を出させる言葉を習得できます

 

2.上司も部下も、「仕事が生き甲斐」と感じるようになります

 

3.部下が自ら考えて動く人材になります

 

4.会社の生産性が、より向上します

 

 

【 セミナー 内容 】

 

1  部下にやる気を出させる言葉

・ 部下に下手な競争意識を持たず、上手い奴には

 素直に、「お前はすごい!」と、言って、自信をつけさせる。

 

・ 漁師にとっての『言葉』 とは、 『命令』 をするために使うよりも、

 『相手が喜ぶ』 事を言うためにある。

 

・ 船長が部下を見ているポイントは、

 『昨日までは出来なくて、今日出来るようになった所』。

 

・ 『仕事』は、『ゴルフ』と同じで、難しいから面白い!と、教える。

 

2  部下が自ら考えて動く人材をつくる

・ どんな性格も役に立つ。暗い奴がいたら、「地味な仕事でも、文句言わねぇで

 やってくれて、ありがとな」と言えば、そいつは、一生懸命に働く。

 

・ 『船長』になったら、「オレが一番!」を目指すより、周りを育てよ。

 

3  荒くれ者を動かす効果的な “叱り方” と “ほめ方”

・ 『ダメな所』だけではなく、『上手い所』 も口に出し、信頼をまず得よ。

 

・ 船長の役目は、やる気を出させる事。言ってる事が正しくても、

 指摘ばかりだと人はやる気をなくす。

 

・ 効果的に叱るには、「お前は大事な奴だ!」というメッセージとともに怒鳴る事。

 

※ 上記プログラムは一例です。 

具体的な内容については、ご要望に沿って調整を行います。

 

 

【 『ご依頼』から『講演』までの流れ】

 

1.「開催日程」の決定

 

候補日を、希望順に3つほど、メール、または、

お電話でお教え下さい。

 

そのなかから、日程を決定させていただきます。

 

今日から3か月以内での実施になると、塞がってしまっている日も多いのですが、

もし、塞がっているときは、日程を再調整させてください。

 

なお、メールへの返信は、24時間以内にさせていただきます。

 

 

2.「依頼書」へのご記入 

 

日程が決まりましたら、 「依頼書」 に、ご記入をお願いします。

( 「依頼書」は、ご依頼を頂いた際、メールにてお送りします )

 

ご記入頂いた「依頼書」を拝見したうえで、お電話にて打ち合わせを
させていただきたいと思います。

 

 

3.テキストの送付

 

開催の10日前には、テキストをメールでお送りします。

 

 

4.講演当日

 

みなさまに楽しんでいただき、かつ、学びになるよう、全力で臨みます。

 

 

このセミナーの企画書は、 コチラ をクリックすると取得できます。