「経営者向け」セミナー

日本一のマグロ船船長に学ぶ!
 社員が喜んで働く仕掛けの秘密
   〜 狭くて不便な環境だからこそ培われた知恵 〜

 

 

【 概要 】

 

『マグロ船』。

 

この言葉にはどんなイメージがありますか?

 

  「借金のカタに送られる」

  「行くアテがなくなったら、最後の手段で就く仕事」

 

そんな暗いイメージがあるかもしれません。
   
しかし、マグロ船によっては、一般的な会社よりもはるかにチームワーク良く働き、
また、ひとりひとりが非常にやる気を持って働いています。

 

なぜならマグロ船は、病院もコンビニもない太平洋上で、
40日以上も、毎日同じ人と顔を合わせないといけません。

 

 

極端な表現ですが、「この人はイマイチだから、新しい人を雇おう」と
いうことができない職場環境なのです。

 

特に船長は、こうした厳しい環境だからこそ、


   「制限がたくさんあるなかでどうマグロを捕るか?」

 

   「デキが悪い奴でも、一人前に育てるにはどうしたら良いか?」

 

ということを、一般企業よりも、真剣に考えざるを得ない環境にいます。

 

そのなかでも、当時、日本に500隻ある19〜70トン級の船で、
日本一の売上を誇ったマグロ船の船長から教わった、どんな
人材であっても、成果を上げる社員に育て上げる秘訣を
お伝えするのがこのセミナーです。

 

 

【 期待できる効果 】

 

1  指示命令をしなくても、『自主的に動く社員のつくりかた』
   が、わかります。

 

2  自分で考え、成果を上げる社員の育て方がわかります。

 

3  一般社員を鼓舞出来る、能力のある管理職の育て方が
   わかります。

 

4  船長(社長)の指示に文句を言わず、まずは実行するような
   組織のつくり方がわかります。

 

5 数字(売上)を気にかけ、危機感を持つ
  管理職や社員のつくり方がわかります

 


【 セミナー 内容 】

 

1.ほとんどの経営者が間違えている! 社員が自発的に動く船長の声掛けとは?
  ・ 船長(社長)の一番の能力は、社員にわざと負けてやり、自信を付けさせる事 
  ・ 「仕事は盗んで覚えろ!」では、マグロは獲れねぇ。 とにかく教えろ!
  ・ 船員を動かす一番のものは、『金(給料)』よりも『あたたけぇ言葉』じゃ!

 

2.目標を投げ出さない! ガッツある組織のつくり方
  〜不漁の日でも闘志が落ちない、漁師たちから学ぶこと〜
  ・ 船長(社長)が最も見るべきは、『目標数値』や『社員の欠点』ではなく、
    『成長した所』
  ・ 叱るときは、「オマエほどの奴がナゼ?!」という、期待や信頼を前面に出せ
  ・ 万能な船長の船はマグロが捕れない理由

 

3.漁獲量(売上)を上げるには、高価な設備投資“よりも
 1円もかからない人材育成”
  ・ ホウレンソウが止まるのは、船長の普段の態度が原因
  ・ 人は理屈では動かない。「この船長は信頼できる!」と思われて、
      初めて指示を聞いてくれるようになる。

 

 

【 『ご依頼』から『講演』までの流れ 】

 

1.「開催日程」の決定

 候補日を、希望順に3つほど、メール、または、
 お電話でお教え下さい。

 

 そのなかから、日程を決定させていただきます。

 

 今日から3か月以内での実施になると、塞がって
 しまっている日も多いのですが、もし、塞がって
 いるときは、日程を再調整させてください。

 

 なお、メールへの返信は、24時間以内にさせていただきます。

 

2.「依頼書」へのご記入 

 日程が決まりましたら、 「依頼書」 に、ご記入をお願いします。
   ( 「依頼書」は、ご依頼を頂いた際、メールにてお送りします )

 

 ご記入頂いた「依頼書」を拝見したうえで、お電話にて打ち合わせを
 させていただきたいと思います。

 

3.テキストの送付
  開催の10日前には、テキストをメールでお送りします。

 

4.講演当日

 みなさまに楽しんでいただき、かつ、学びになるよう、全力で臨みます。

 

 

  このセミナーの企画書は、 コチラ をクリックすると取得できます。